犬の皮膚病、原因、症状、治療、予防を考えてみる

リブールシニ

 犬の皮膚病について考えてみる

犬が最もかかりやすい病気の一つ【皮膚病】。愛犬が身体を舐めたり、足で耳を掻くしぐさや日頃から出るフケなど、日頃の生活ではごく普通の光景です。しかし、いつの間にか犬の様子や皮膚の症状が悪化してきた時、どう対処したら良いのか犬の皮膚病について考えてみます。


個人ボランティア GO!保護犬 GO
推奨 Neugierペットケアシリーズ

個人ボランティア『GO! 保護犬 GO』さんが推奨するNeugier ペットケアシリーズ。
皮膚の状態が良くない保護犬たちに、実際に使用し効果を実感したペットケア用品です。
状態の良くない保護犬を沢山ケアされているボランティアが推奨するNeugier ペットケアシリーズを是非お試しください。
当店で販売しておりますペット関連商品の収益分につきましては、保護犬たちの医療費(薬代など)として全額寄付させて頂いております。

犬の皮膚病にはどんな症状があるの?

異常なフケ、痒がる、掻きむしる、赤みが出る、皮膚の湿疹、皮膚が炎症する、皮膚のべたつき、脱毛、皮膚の臭い匂い、かさぶた等、皮膚に今までにない症状が起こる状態が皮膚病です。日頃からブラッシングなどの皮膚ケアを心掛け、犬の様子や皮膚の状態を見てあげる事が大事ですね。

 病名と原因

それでは症状による病名と原因を見ていきます。


アレルギー性皮膚炎とは

先ずはアレルギーが起こるメカニズムを知ろう
アレルギーを引き起こす原因物質を「アレルゲン」といいます。花粉、ダニ、ハウスダスト、食物、薬物など、身のまわりには多くのアレルゲンがあります。このアレルゲンが口、鼻、目、皮膚などから犬の体内に入ってくると、これをやっつけようと抗体タンパク質が皮膚や粘膜の細胞につくりだされます。そして、再びアレルゲンが体内に侵入してきた際、抗体からアレルギー症状を引き起こす化学物質が放出され、痒みなどのアレルギーが発症します。免疫機構が過剰に反応するため生じる皮膚炎です。

アレルギー性皮膚炎は原因物質のアレルゲンによって大きく二つに分類されます。ノミアレルギーと食物アレルギーです。
ノミアレルギー
ノミに噛まれ、ノミの唾液がアレルゲンとなり痒みの症状が出ます。
食物アレルギー
これは人間と同様に食べ物が原因で発症するアレルギーです。牛、豚、鶏などの肉類や小麦、大豆などの穀類、牛乳などのタンパク質が主な原因となります。これらはドッグフードに含まれている食品ですので個別の特定が困難ですね。
それ以外にはハウスダストや花粉、カビなどを吸い込むことによって引き起こる吸引アレルギーやゴム製品や繊維など特定な物に触れて引き起こる接触アレルギーもあります。

アレルギー皮膚炎の症状とは

アレルギー性皮膚炎の症状は痒み。犬がしきりに舐めたり噛んだりする行動が現れたら要注意です。症状が重くなると赤身や湿疹、ただれの様な状態になります。 

治療法は

基本的な治療はノミアレルギーならノミの駆除、食物アレルギーなら原因食物を食べさせない。具体策として、療法食への変更でも症状が改善されれば良いのですが、改善が見られない場合は血液検査などで痒みの原因となるアレルゲンの特定します。そして特定したアレルゲンの除去、新たな療法食により摂取を断ちます。痒みが酷い場合には痒みを和らげる内服薬を飲みます。症状の程度によっては抗ヒスタミン剤や副腎皮質ホルモン剤、免疫抑制剤などを投与。その他にアレルギーの原因であるアレルゲンを少しずつ体内に入れて慣らしていく減感作療法を行うこともあります。この減感作療法は熟練した専門医のもと、根気と費用がかかります。

予防

ノミアレルギー性皮膚炎では、ノミの駆虫する薬で予防することが出来ます。
☆滴下式ノミ駆除液・・・簡単で有効性も高いフロントラインとアドバンテージが一般的に良く知られた駆除薬です。寄生中のノミだけでなく、その繁殖・再寄生を予防します。
☆飲み薬・・・ネクスガードがお勧めです。ノミ、ダニ駆除の他にフェラリアの予防やお腹の虫も退治してくれます。その他に注射、スプレー式ノミ駆除薬、ノミ取り首輪、ノミ取りシャンプーなどの予防方法がありますが特に副作用が無いようでしたら上記の滴下式か飲み薬が良いでしょう。


アトピー性皮膚炎とは

アトピー性皮膚炎とは、食物アレルギーやノミアレルギーと同様のアレルギー皮膚炎の一種です。アレルギー症状を起こす原因物質のダニやハウスダストといった特定のアレルゲンに対し、体内の免疫機構が過剰に反応するため発症します。しかしながら、それらは要因の一つすぎず、完全には明らかにされておりません。さまざまな要因が複雑に関わることで発症すると思われます。例えば、遺伝的、体質的な要因、乾燥やノミやダニによる細菌感染、身体に合わないシャンプーなどが挙げられます。また、ストレスや不衛生な環境が原因で皮膚症状が悪化するなど、食物アレルギーやアトピー性皮膚炎との関連がない場合も少なくありません。

症状

アトピー性皮膚炎の症状は食物アレルギー皮膚炎やノミアレルギー皮膚炎と同様に痒みです。耳、脇、股、足先、口や目の周りなどをしきりに舐めたり、噛んだりするしぐさをします。
目に見える症状なので気づきやすいですが、犬は毛に覆われているため進行による皮膚の湿疹や赤味に気づくのが遅くなり症状が悪化してしまう事もあります。 

治療

食物、ノミなどのアレルギー皮膚炎と同様に個々アレルゲンとの接触を絶ち、皮膚のバリア機能を高めることが挙げられます。症状の程度によってはステロイド、アトピー性皮膚炎治療薬などの塗り薬が用いられます。かゆみが強い場合は、抗ヒスタミン薬、抗アレルギー薬の内服も効果が期待できます。また、サプリメントを投与や薬用シャンプー、保湿などを併用して治療します。

予防

アトピー性皮膚炎は現代社会のさまざまな要因が複雑に関わることで発症すると考えられ、個々の体質も複雑に関わっているため、完全な予防は困難と思われます。日頃から清潔な環境のもと、優しいシャンプーやブラッシングなど適切な皮膚ケアを心掛け、健全な食事を与えて免疫力を高めましょう。犬の様子や皮膚の状態を良く観察し、早期発見と適切な治療が大事ですね。


膿皮症(のうひしょう)とは

犬の常在菌であるブドウ球菌が異常に増殖する事で引き起こる皮膚疾患です。このブドウ球菌は健康な犬の皮膚にも存在する常在菌の一つですが、アレルギーや細菌などの感染、栄養の偏り、免疫低下、などが引き金となり皮膚で細菌が繁殖して皮膚病が発症します。また 遺伝が原因で起こり得る遺伝性疾患の報告もあるようです。

症状

頚、脇、胸、腹部、背、内股、などを中心に全身の皮膚で、湿疹やニキビのような膿疱過剰なフケ、痒み、べとつき、強い体臭、赤み、かゆみ、脱毛、などの皮膚病変がみられ、皮膚の下に膿を持つ症状が起きます

治療

膿皮症の原因が何かによって治療法も変わってはきますが、一般的には抗生物質の投与と細菌の増殖を防ぐための薬浴が中心となります。アレルギーなど原因となる基礎疾患がある場合はその病気の治療を行います。

予防

特に湿気の多い夏場は生活環境を清潔にし、日頃からの適切なシャンプーやブラッシングを行い、皮膚の様子をこまめにチェックしましょう。また、栄養のバランスが整った健全な食事で免疫力を高め、早期発見、早期治療を心掛け心掛けましょう。


毛包虫症・アカラス症とは

毛包虫症とはニキビダニが毛包あるいは皮脂腺に多数寄生することによって発症する皮膚疾病。毛包虫は健全な犬にも存在していますが、免疫力低下などにより毛包虫が増殖して発症します。

症状

初期症状は眼、口周囲、顔面、四肢端などを中心に脱毛が起きます。悪化によって色素沈着を引き起こし、化膿や出血など重い症状が現れ、全身にわたり発症します。更に、細菌や真菌が二次感染を起こして最悪の状態に陥ります。

治療

先ずニキビダニの特定が必要になります。アレルギー性皮膚炎、膿皮症、甲状腺機能低下症などの類似症状との鑑別をします。患部から皮脂腺の内容物を削り取り、ニキビダニの検出を行います。毛包虫症の治療はダニの駆除です。ダニに効果のある薬浴、内服薬の投薬で様子を見ます。膿皮症など二次感染が見られる場合には抗生物質などの投与も行います。アトピー性皮膚炎、甲状腺機能低下症、糖尿病などの基礎疾患が、アカラス発症の慢性化に関係しているケースが多く、並行してこれらの治療も行っていきます。
毛包虫症の完全な治療は難しく、治療で症状が軽減されたからといって、投薬を休止すると再発してしまうケースが多く治療は根気よく続けることが大切です。

予防

健全な犬にも存在するニキビダニの増加によって発症する事を考えると、日頃から快適な生活環境でストレスを与えず、栄養バランスが整った食事で免疫力を高めることが一番の予防でしょう。


脂漏症とは 

全身の皮脂腺の分泌が過剰にになったり、皮膚の角質化が異常に進んだりして発症する皮膚病で、完治しにくい慢性化する皮膚疾患です。

症状

症状は皮脂腺の過剰分泌による脂性脂漏症と逆に分泌減少による乾性脂漏症があります。脂性脂漏症は脂で皮膚がべたつき悪臭を放ち脱毛やフケがでます。乾性脂漏症は皮膚がカサカサになり異常なフケや毛艶が悪くなります。いずれも強いかゆみを伴い、掻き毟りによる赤みや膿、炎症を起こし膿皮症を発症する事もあります。

原因

原因は遺伝による先天的な遺伝性脂漏症とアレルギー性皮膚炎や甲状腺機能低下症などが原因で二次的に起こる突発性脂漏症があります。

治療

突発性脂漏症の場合は原因となる病気の治療をおこないます。一般的な脂漏症の治療は薬浴により症状をおさえるます。患部を清潔に保ち薬浴後はタオルで水分をよく拭き取り、ドライヤーで良く乾かしましょう。また、二次感染を抑えるため抗真菌薬の投薬や抗生剤が用いられる事もあります。何れにせよ、症状が慢性化する事も多いので根気よく治療を進めましょう。

予防

アレルギー性皮膚炎や膿皮症などの予防と同様に、日頃から皮膚を清潔に保ち栄養バランスの取れた食事を与えるなど食事管理をしっかりすることが大事です。


アロペシアXとは

アロペシアXとは、犬種の半数がポメラニアンに発症する原因不明の脱毛症のことです。ポメラニアン脱毛症、脱毛症X、成長ホルモン不全症など、アロペシアXは様々な別名で呼ばれています。若い未去勢の雄犬に多く発症し、クッシング症候群に症状が類似しているため偽クッシング症候群とも呼ばれます。

症状

アロペシアXは1歳から4歳くらいで脱毛が左右対象に起こります。毛艶が悪くなり、皮膚、被毛共に乾燥状態、皮膚は薄く張りもなくなります。また、痒みはなく皮膚が黒く色素沈着することも多く、皮膚以外の全身的な代謝異常を伴わないことも特徴です。

原因

現在のところ原因は不明。検査をしても原因が不明な場合にアロペシアXと診断される事がが多いのです。クッシング症候群同様に内分泌ホルモン異常や遺伝的要因、ストレスなど様々な要因が考えられますが完全な解明には至っておりません。去勢・避妊手術によるホルモン異常が要因というケースもあり、去勢反応性皮膚疾患と呼ばれることもあります。

治療

残念ながら特効薬は存在しないため、犬によって様々な治療を試します。未去勢の犬には去勢、避妊手術が勧められます。有効な効き目が出る場合もありますが、全く改善されないケースもあります。その他、サプリや内服薬、薬浴、食事療法などは根気強く継続していく必要があるでしょう。

予防

原因不明の為、予防は難しいですがストレスが要因という報告もありますので、日頃からストレスを軽減する様な環境で生活することがよいでしょう。


疥癬とは

疥癬はヒゼンダニが皮膚の角層に感染することで激しい痒みや皮膚炎を起こします。伝染性が強く人にも感染します。成虫は大きさ0.2~0.4mmで角層内部で産卵し繁殖します。

症状

顔や耳、肢を中心に全身感染します。激しい痒みや皮膚炎を発症します。

原因

感染した犬との接触によって感染します。

治療

注射や内用薬によってダニを駆除します。ただし、ダニの卵には効き目がない為、ダニが孵化したタイミングで再投薬し、完全にダニを駆除しなくてはいけません。多頭飼いの場合は他の犬にも同様の治療を行ないます。

予防

日頃から清潔な飼育環境を心がけ、ヒゼンダニに感染している犬の接触を避けましょう。

pet shampoo/シャンプー
ペットシャンプー
body soap/ボディソープ
ペットボディソープ
bath water mixes/入浴剤
ペット入浴剤
grooming lotion/グルーミングローション
ペットグルーミングローション
cleansing shampoo/クレンジング シャンプー
ペットクレンジングシャンプー

HOME | ノイギーア | 犬の皮膚病とケアについて

オーダー料金無料
お気軽にお問合わせください
03-5773-9540
info@libursini.com
営業時間
11:30-20:00
 
7月のカレンダー
   1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
             
 
Go!保護犬Goブログ
GO!保護犬GO
アカナドッグフード
アカナファミリージャパン
ハルちゃんからの贈り物
ハルちゃんとマグネット

クレイで製作されたマカロンの様なマグネット。犬・猫・お花・貝殻🌠心がこもった手作り🌠こちらの売り上げは保護犬ボランティア様への寄付となります。